TOPICS

「おいでまい祝祭2022~心がつながる街ごとアート~」商店街・ホテル・神殿・空港に!高松の街が彩られる現代アートの祭典がいよいよ始まります!

2022.08.05

夏会期メイン

「おいでまい祝祭2022~心がつながる街ごとアート~」商店街・ホテル・神殿・空港に!高松の街が彩られる現代アートの祭典がいよいよ始まります!


瀬戸内国際芸術祭2022県内周遊事業「おいでまい祝祭2022~心がつながる街ごとアート~」(以下、おいでまい祝祭2022)は、“芸術が持つストレートな力で、人と人、心と心を繋げていくこと”を目指し、2022年8月7日(日)より夏会期を開催いたします。

「おいでまい祝祭2022」の夏会期では、現代美術作家ヤノベケンジ氏が新たにユニットを組んだ「モフモフ・コレクティブ」や瀬戸内を拠点に活動するアーティスト・アートマネージャーのネットワーク「瀬戸内アートコレクティブ」から高松明日香氏、樋口聡氏、金孝妍氏に加え、藏本秀彦氏、辻孝文氏、千葉尚実氏の参加が決定しました。アートの様々な作品が「商業施設」「商店街」「ホテル」「結婚式場・神殿」「空港」と街中に飾られます。
そして各所に点在するアートの作品を巡りながらスタンプを集め豪華景品をゲットできる「スマホdeアート スタンプラリー」やアートの世界に包まれながら過ごすアーティスト宿泊プランも実施いたします。

一覧に戻る