おいでまい祝祭2022

芸術の力で心をつなげる、現代アートの祭典!

瀬戸内アートコレクティブやモフモフ・コレクティブのアーティスト作品が街の各所に登場!
スタンプラリーをしながら、MAPのお店を参考にアートな街を巡ってみて。

 
モフモフ・コレクティブ

モフモフ・コレクティブ

現代美術作家 ヤノベケンジ氏作《SHIP’S CAT》が仲間を連れて高松の街に登場!
モフモフ系のアートユニット「モフモフ・コレクティブ」として、全身を毛だらけの柔らかな彫刻をつくる小西葵氏、有機的なボディに特徴的な顔を取り付けた山口京将氏とタッグを組み、ヤノベ氏の新作《SHIP‘S CAT(Mofumofu22)》を始め、小西氏の《ケダマ》や山口氏の新作《ホッグ》などの作品を展示。訪れた人々に癒しと安らぎをお届けします。

現代美術作家/ヤノベケンジ
1965年、大阪府生まれ。1990年初頭より、「現代社会におけるサヴァイヴァル」をテーマに実機能のある機械彫刻を制作。ユーモラスな形態に社会的メッセージを込めた作品群は国内外から評価が高い。2005年、全長7.2mの《ジャイアント・トらやん》を制作。2008年、京都芸術大学ウルトラファクトリー開設、ディレクターに就任。2011年、東日本大震災後、希望のモニュメント《サン・チャイルド》を制作、国内外で巡回展示される。2017年、「船乗り猫」をモチーフにした、旅の守り神《SHIP’S CAT》シリーズを制作開始。《SHIP’S CAT(Muse)》が2022年に開館した大阪中之島美術館に恒久設置され、注目されている。
現代美術家/小西 葵
1998年、福岡県生まれ。「不思議生物」をモチーフに柔らかな彫刻やパフォーマンスを通じて独自の世界観を展開する。「ブルーピリオド展」「びわこビエンナーレ2022」などに参加。

現代美術家/山口 京将
1999年、和歌山県生まれ。京都芸術大学大学院在学中。毒を含む「キモ可愛い」宇宙人的キャラクター造形で空間の変容を創造する。

瀬戸内アートコレクティブ

瀬戸内アートコレクティブ

瀬戸内で活動する現代アーティスト・アートマネージャーのネットワークとして、地域を拠点にアートプロジェクトやパブリックアートの制作に携わっています。アートが持つ可能性や価値をより多くの人々と共有し、共に形作ることで、アーティストの活躍の場を広げるとともに、豊かな文化芸術の土壌を形成することを目指しています。

画家/高松 明日香
1984年、香川県生まれ。2009年、尾道市立大学大学院美術研究科(デザイン) 修了。
絵画を制作し、組み合わせることで生まれる空間を作品としている。
主な展覧会に2017年、「届かない場所 高松明日香展」 三鷹市美術ギャラリー(東京都)がある。 2014年、第7回岡山県新進美術家育成「I氏賞」大賞受賞。2016年、平成28年度 香川県文化芸術新人賞受賞。2021年「シェル美術賞展アーティスト・セレクション2021」 国立新美術館(東京都)出品。
作家/樋口 聡
1989年、香川県生まれ。2017 大阪芸術大学油画専攻卒業. 2022 現在、香川県立高松工芸高等学校美術科で教諭として勤務。
直近の展覧会に2022年「これから起きること」(Kinco.)、2021年「a-g art to garden」 (善通寺五岳の里)、「高松工芸高等学校美術家教員作品展 キジバトの巣」(Share gallery 206)など。
ペインター/辻 孝文
1985年、岡山県生まれ。2010 トーキョーワンダーウォール公募2010 トーキョーワンダーウォール賞。2007 メルボルン日本芸術祭(オーストラリア)日豪芸術様式美賞。2006 モントリオール国際芸術祭(カナダ)カナダ日本フランス芸術友好賞。人の営みを軸に、近年は、繰り返される事、物事の多面性をテーマに作品を制作する。
美術作家 /千葉 尚実
沢山の顔が並んでいる作品をよく作ります。それぞれ別の人格がある個人でも集まると同じ顔に見えるなと感じています。
現代美術家/金 孝研
1980年、韓国生まれ。2017年第10回「I氏賞」奨励賞受賞。2020年「I氏賞受賞作家展」(岡山県立美術館)、2022年の個展「息する瞳-Breasphere-」(高梁市成羽美術館)で大型作品やインスタレーションを展開。環境や場所等の「関係性」をテーマに身体を直に介入させその相互作用の痕跡を作品に仕立て上げている。
美術家/藏本 秀彦
1989年、筑波大学大学院芸術研究科修了。学生の頃より和歌山版画ビエンナーレ、西武版画大賞展、クラコフ国際版画トリエンナーレ、ブダペスト国際展など版画領域で独自な手法が注目される。
1996「第39回安井賞展」、1998「VOCA'98現代美術の展望―新しい平面の作家たち」など絵画を中心に発表。2016「藏本利彦+藏本秀彦 絵画展~思考の断面、記憶の輪郭」/坂出市民美術館(坂出)、2017「CROSS POINT 交差する視線―20の表現」/香川県立ミュージアム(高松)、2018「高松市美術館コレクション+木村忠太とこぼれる光の中で/高松市美術館(高松)、2021「国讃めと屍」藏本秀彦・水谷一 美術展/瀬戸内海歴史民俗資料館(高松)など美術館での企画展に参加。コバヤシ画廊、ギャラリー山口などで個展を重ね、県内では丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、あーとらんどギャラリー、佐野画廊、gallery ARTE 、Kinco.hostel+café、などで個展開催。
香川大学創造工学部

香川大学 創造工学部/造形・メディアデザインコース

丸亀町三町ドーム広場で参加型 アートイベント。
学生有志36名が、 瀬戸内海の海洋ゴミをテーマにバ ルーンアート作品に挑戦。

香川大学 創造工学部
丸亀町三町ドーム広場で参加型 アートイベント。
学生有志36名が、 瀬戸内海の海洋ゴミをテーマにバ ルーンアート作品に挑戦。
香川大学 創造工学部
丸亀町三町ドーム広場で参加型 アートイベント。
学生有志36名が、 瀬戸内海の海洋ゴミをテーマにバ ルーンアート作品に挑戦。